teacup. [ 掲示板 ] [ 掲示板作成 ] [ 有料掲示板 ] [ ブログ ]

 投稿者
  題名
  内容 入力補助画像・ファイル<IMG> youtubeの<IFRAME>タグが利用可能です。(詳細)
    
 URL
[ ケータイで使う ] [ BBSティッカー ] [ 書込み通知 ] [ 検索 ]

スレッド一覧

他のスレッドを探す  スレッド作成


はじめまして

 投稿者:元沿線在住者  投稿日:2014年 3月 5日(水)17時35分0秒
  初めまして。偶然このサイトを発見いたしました。
先日、ニコニコ動画の方で、電鉄線をテーマにした動画を見つけましたので、ご報告させて頂こうと思いました。

http://www.nicovideo.jp/watch/sm16765676
新潟市再現マップ #02 新潟交通電車線

「A列車で行こう9」というゲームを使い、新潟市を再現されている動画ですが、こちらの動画で、電鉄の新潟駅~ときめき駅までが再現されています。
かなり作り込みのしっかりした動画で、見応えがあります。
個人的には、この後に作られている越後線の動画の、後半部分が凄いと思います。
御興味ございましたら、御拝聴ください。
 
 

Re:お久しぶりです。56kumaです。

 投稿者:小林@管理人  投稿日:2012年 5月28日(月)22時12分27秒
  56kumaさん

前回は川崎市電に関してのご投稿でしたね。モハ1形作成のご連絡ありがとうございます。

社紋も、戦時合併による新潟交通誕生前の新潟電鉄のものになっていますね。戦争に振り回され、大変な目に遭った車両であったと思います。

珍しい車両を調査して、図や動画に仕立てていらっしゃるのですね。こういった画像の類は細部まで検証しなければ復元できないため、調査には非常に手間のかかるものと承知しているので、感服しました。

なお塗色に関してですが、濃緑色はモワ51に関してのみ、かぼちゃ電車保存会の方が塗装痕を確認されているだけで、その他の個別の車両の塗色については、私のほうでは把握しているものではありません。サイト内の記述が古いままなので一部で至らない表記があるかと存じますが、何卒ご容赦下さい。

画像ご提供のお申し出は大変ありがたいのですが、現時点ではサイト更新の見通しが全く立っておりません。このような状態でお預かりするのは大変失礼ですので、今後使わせて頂ける環境が整った際に改めてご連絡を差し上げたいと思います。

今後も各地の珍しい車両の画像を期待しております。
 

お久しぶりです。56kumaです。

 投稿者:56kuma  投稿日:2012年 5月26日(土)14時57分13秒
編集済
   以前、pixivで川崎市電101号を描きましたが、最近、新潟電鉄モハ1時代の様子を合わせたリメイク版を作画しました。http://www.pixiv.net/member_illust.php?mode=medium&illust_id=27182928
 本作は「川崎市電の25年」36ページに掲載された図面を元に、新潟交通の社史や御サイトの記事を参照して作画しました。本来なら御サイトの趣旨に従い、もっと早くご連絡いたすべきところ、見落としてしまいました。大変申し訳りませんでした。
 お詫びと言っては何ですが、もしよろしければ、本作を御サイトでお使いたければ、是非ご利用ください。
 あと、川崎市電100形について、こんな動画http://www.nicovideo.jp/watch/nm17925176も作成してみました。もしよかったら是非ご覧ください。仕様画像の作画の際に参考させていただいている以上、御サイトも参考文献に加えさせてていただきました。
 よろしくお願いします。

http://blog.livedoor.jp/isorokuma/

 

続 白根行の板

 投稿者:元新潟交通利用者  投稿日:2011年 3月21日(月)17時58分11秒
  管理人様

早速の回答ありがとうございます。全線廃止前まで東関屋と新大野のあいだを利用していましたが複製品を売っていたのは気付きませんでした。(記念切符を売っていたのは知っていました)

ちなみに白根の行き先板は紙の保護シートはなくスレやキズがありますが、文字はいかにも手書きのように見えながら、触ってみるとのっぺりした感じです。値段シールの貼ってあった跡もありました。
当方、かつて旧国鉄の行き先板を収集していたこともあって、表面の肌触りから何となくですが「複製品かな?」との感触は持っていました。
 

Re:白根行の板

 投稿者:小林@管理人  投稿日:2011年 3月19日(土)19時35分9秒
  元新潟交通利用者さん

行先板ですが、全線廃止前に東関屋駅にて1枚2000円で複製品が販売されていました。「東関屋」「月潟」「白根」「木場」の4種です。

ただし、全線廃止後に行われた部品即売会で本物が売り出されていた記憶があります。1枚8000円前後だったでしょうか。

裏に紙の保護シートが張ってあって角が取れていないようであれば、おそらく大量に売り出された複製品でしょう。
 

白根行の板

 投稿者:元新潟交通利用者  投稿日:2011年 3月19日(土)14時29分25秒
  先日、友人から新潟交通線で使っていたという行き先板をもらいました。プラ板で片面に白根行きと書かれているものです。確か電車では前面に運転台にぶらさげていたように記憶しています。(夜はよく見えませんでした)
このプラ板は「もしかしたらレプリカかも?」と言ってましたが、本物とどう見分けるのでしょうね。よくわかりません。
 

Re:あけましておめでとうございます。

 投稿者:小林@管理人  投稿日:2010年 1月 4日(月)00時00分2秒
  東関屋さん

あけましておめでとうございます。本年もよろしくお付き合い願います。

私事、昨今は鉄コレの強襲が災いして創作意欲が完全にそげてしまっています(苦笑

確かにモハ16(2代目をお作りでしたよね)は"馬面"ですね… ヘッダーを切り込んで縦長の窓を据えたり、ダブルルーフに高く張り上げた屋根が縦長面に見える要因なのでしょうね。こんな"省電スタイル"が山手線や京浜線を闊歩していたとは、今となっては信じられないです。

上記車両(前国鉄モハ1924、元伊那電デハ124)ですが、もしまだご覧になっていないようでしたら佐竹保雄氏・佐竹晁氏の著書『私鉄買収国電』が役に立つと思います。私鉄から買い上げられた雑多な買収国電の世界が手に取るようにわかる名著です。女池の県立図書館と新潟駅北東の市立中央図書館に所蔵されています。

その"除雪車"とはもしや、キ1のことですね。あの出っ張りは回転窓採用以前の雪かき車の視界確保のための労作なのでしょうね。3枚のほぼ平面の窓ではすぐに雪で中央窓の視界を奪われてしまいそうです。
 

あけましておめでとうございます。

 投稿者:東関屋  投稿日:2010年 1月 1日(金)16時16分58秒
  あけましておめでとうございます。本年もよろしくお願いいたします。

工作が進まず無投稿の日々が続いております。クハ37は、鉄コレ改で行くことにしました。モハ16は、写真などをもとに GIMP-2.0 で作図し1/72のペーパモデルで形状検討していますが妻面がイメージより正方形に近く頭を痛めております。(集めた画像から馬面のイメージが強いので。)扉をふさいだ後の溶接部分の表現なども悩みどころです。

この時期には、運転席からよくわからない出っ張りのある除雪車を作って投稿したいと思っていたのに思うようにはかどらないのは素人ゆえの悲しさでしょうか。
では、場違いな利用者ですが今年もよろしくお願いいたします。
 

Re:監督所前停留場について

 投稿者:小林@管理人  投稿日:2009年10月25日(日)22時13分4秒
  気になるさん

ご指摘ありがとうございます。お見苦しい間違いをさらして失礼いたしました。当該の記述、地図上で調べて首をひねりながら注記した覚えがあります…

再調査をいたしましたところ、おそらく現住所でいう白山浦1-425-2にあった内務省第三土木監督署が正しい由来と考えられます。

明治19年設置、同38年に新潟土木出張所に改称改組されていますが、語呂の良い「監督署(所)」の通称が引き続き小路名に用いられたものと思われます。

戦争をはさんで、まさに入れ替わるように軌道を挟んだ反対側に「監督署」ができるとは奇特なものです。

以上、謹んで訂正いたします。
 

監督所前停留場について

 投稿者:気になる  投稿日:2009年10月23日(金)03時51分42秒
  突然失礼します。

監督所前停留場について、
http://dentetsu.client.jp/eki/kantokushomae.html
では、

>軌道から見て450m信濃川寄りにある新潟労働局・新潟労働基準監督署が名称の由来でしょう。

とありますが、これは正しくは
http://www.city.niigata.jp/info/kocho/tegami/18tegami/18-8sonota-75.html
に由来するものではないでしょうか?

そもそも、労働基準監督署設置の根拠法である労働基準法の施行は1947(昭和22)年で、
監督署前停留所の廃止は1944(昭和19)年です。

以下は岩手県に関する記述ですが、労働基準監督署設置と労働基準法の関係は当然ながら全国同一です。
http://www.iwate-roudou.go.jp/page1-103.html

もう少し深く調べればすぐに見つかる矛盾点でもあり、このような記述は残念です。
 

Re:新潟電鉄モハ1に関して

 投稿者:小林@管理人  投稿日:2009年10月16日(金)22時08分38秒
  56kumaさん

拝見しました。モハ1形の特徴がにじみ出ていますね。

川崎市電入線前にこの形態からどの程度の改造が行われたのか、真相は雲に隠れたままですが、まさか改軌して太平洋側の工業地帯を走ることになるとは。

鉄道界にとっても、戦争は数奇な運命をもたらした強大な因子であることを改めて思い起こさせます。

ちなみに、川崎市電は65年前の"鉄道の日"に開業していますね。
 

新潟電鉄モハ1に関して

 投稿者:56kuma  投稿日:2009年10月16日(金)20時54分17秒
  お邪魔します。56kumaといいます。川崎市電101型(初代)について検索したところ、こちらの掲示板にたどり着きました。私はpixivdでイラストを描いていますが、最近新潟電鉄モハ1型の後身である川崎市電101型のイラストを描きました。

http://www.pixiv.net/member_illust.php?mode=medium&illust_id=6629635

下手な絵ですが、もしよろしかったらご覧になってください。
 

月潟でのこぼれ話。

 投稿者:東関屋  投稿日:2009年 7月18日(土)00時58分46秒
  おじゃまします。
わずかな語句から写真や書籍の内容を的中されるのはお見事です。
さて、月潟のイベントで小耳にはさんだのですが旧六分駅跡地公園化が一部の地元住民の運動により計画されているそうです。トイレなどを備えた物を計画しているそうですが、管轄の問題で暗礁に乗り上げているそうです。(跡地ではなく付近の空き地に変更する計画も)
また、デンテツがあったころの付近の住民の日常を子供たちに語り継ごうとしている方にもお会いしました。
小林様をはじめデンテツを様々な形で残してゆこうとしている皆様を微力ながら応援するつもりで模型製作をしようと思います。
 

Re:ご無沙汰しております。

 投稿者:小林@管理人  投稿日:2009年 7月17日(金)22時32分30秒
  東関屋さん

月潟に行かれましたか。最近は保存会の皆さんが熱心に企画をされているようですね。

ご覧になった写真、恐らく凧合戦時の凧見橋・配水塔が背景にあるものだと思います。ベンチレーターが十字の車両は限られてくるのですが、個数の情報から車両を特定なさるとは脱帽です。

川崎市電の本ですが、あそこに書いてある状況ではとても川崎での写真の発見は望めない状況ですね(苦笑
塗装を剥がしてタネ車を特定した先人の逸話も面白いものです。

2代目のモハ16もお作りになるとのこと、期待しています。廃車後は東関屋車庫裏で倉庫として活用されていた車両ですね。
 

ご無沙汰しております。

 投稿者:東関屋  投稿日:2009年 7月13日(月)21時51分35秒
  過日、月潟に行ってまいりました。画像は、展示されていたアント20Wです(やはり意味は「ありんこ」...でしょうね)。小さな車輪さえ再現できればNゲージでの再現は簡単そうです。
月潟のイベントでは、写真が展示されていました。いずれも貴重で興味深かったのですが、その中でモハ15の屋根上がわかる写真がありました。注目したのは、けん引されている客車です。写っているのは屋根に十字型のベンチレーターが並んでいるだけですが、5つ分のスペースに4つしかありません。クハ34のようです。クハ35作成時に不明だった一つ足りないベンチレーターが県庁側であったことが分かり大収穫です。

話題が変わって申し訳ないのですが、先日書店にて「RM LIBRARY 川崎市電の25年」という書籍を見つけました。これにはモハ1型2両に関する記事が新潟交通社史より詳しく書かれています。竣工図も窓や椅子のサイズがカットされていません。戦災による最後の様子も記事になっています。
モハ1型は動力を含め再度作成したいと思っているので思わず購入していまいました。興奮したせいか、キハ41000とその一族を買い忘れるという失敗をしてしまいました。

もうしばらくしたら予告通りにモハ16(2代目)の作成に取り掛かろうと思います。
のんびりしていますが、もともと熱心な鉄道ファンではないのでお許しください。
 

ありがとうございます。

 投稿者:東関屋  投稿日:2009年 4月29日(水)01時11分57秒
  モハ19は、東武の保存車輛をほぼそのまま作る予定でしたが、モハ16の屋上や、クハ38の窓枠などのいずれ自作することになる車両工作の試しとしました。(プラ板から削りだしたダブルルーフがかなり重いのでまだ改善の余地ありです)
ところが、完成してみるとしっくりとなじむような感触があり愛着すら感じます。あまりこの車輛に執着すると次に進まないので困ります。
クハ38のベンチレータ関する情報ありがとうございます。排車体からは、国電時代の様子がうかがえなかったので違うとは思っていたのですが、また想像で作ってしまうところでした。
モハ19が日車標準車両と並ぶことはなかったのでしょうが、実車を並べてはなれた所から眺めてみるのは実に楽しそうですね。中ノ口河沿いの生命あふれる土地と東関屋付近の工場群の中では違って見えてきそうです。
 

Re:新潟交通 モハ19

 投稿者:小林@管理人  投稿日:2009年 4月28日(火)22時21分55秒
  東関屋さん

初代モハ19は古くかつ少数グループの車両にもかかわらず、同型が大切に保存されているので観察にはもってこいの車両ですね。

それにしても、すばらしい出来ですね。裾の切れ込みやダブルルーフなどの特徴が実によく再現されています。

改修に関してですが、デンテツはどうも「塞ぐ」のがお好きなようです。小田急から来た車両など、全て貫通扉を埋めています。雪の吹き込みなどを防止するためではないかと思います。

塗色の塗り分けも時代によって変わってきますが、窓の直上まで緑が入ったものなどはかなり重厚感が出ますね。

クハ38の通風器も十字タイプのガーラントベンチレーターに交換されていますが、こちらは6つのようです。

やはり長尺の旧型車は重厚感が違いますね。この対極として日車標準車体の「モダン」なデザインが生まれてくるわけですが…。
 

下の続きです。

 投稿者:東関屋  投稿日:2009年 4月28日(火)12時45分54秒
  連投すいません。
窓枠を囲むような細い板は大改修されたクハ38に残っていたので取り外していないと判断しています。大きく張り出した扉下のステップもクハ38同様取り外したと判断しています。
 

新潟交通 モハ19

 投稿者:東関屋  投稿日:2009年 4月28日(火)12時41分14秒
  お邪魔します。東武の保存車輛をコピーする予定だったのですが・・・。
カラーリングは、小林様のデータからこのパターンでないのは明らかですが、軽快感が好ましいので…。眉毛のような小窓はふさがれたことにしています。屋上は、モハ16が入念に改修されているので、深い理由があると思い採用しました。(クハ38の通風器も十字型が5つに改造されたのでしょうか?)排障器は張り出したフレームには難しいと判断し、取り付けていません。
 

Re:祝 10000Hit

 投稿者:小林@管理人  投稿日:2009年 4月26日(日)22時45分55秒
  東関屋さん

わざわざお祝いいただき、ありがとうございます。アクセスカウンタの記録は取ってあるのですが、なかなか編集する時間もなくアップしないままになっており、申し訳も立ちません…

さすが!しっかり木の側板が表現されていますね。完成写真の掲載、楽しみにしております。
 

祝 10000Hit

 投稿者:東関屋  投稿日:2009年 4月25日(土)23時48分53秒
  前略
デンテツDreams様におかれましてはますますご発展のこととお慶び申し上げます。
今後ともよろしくお願いいたします。

画像は、作成中のモハ19です。まだ手すりなどの小工作が残っているので社紋のみで失礼します。近日中に完成する予定ですので、後日改めて貼らせていただきます。
本日は取り急ぎお祝いを申し上げます。
敬具
 

Re:新潟交通 モハ12

 投稿者:小林@管理人  投稿日:2009年 4月20日(月)21時31分30秒
  東関屋さん

グリーンマックスのキットですね。鉄道コレクションと並ぶとやはり手作りの良さを感じずにはいられません。モハ12は前照灯・屋根上形状の制約もありますし、既製品では再現が難しいところですよね。社紋なしも穴場ですし。

細かいところにも沢山手を入れてらっしゃいますね。素晴らしいです。
 

新潟交通 モハ12

 投稿者:東関屋  投稿日:2009年 4月18日(土)15時38分58秒
  お邪魔します。
モハ17の部品を探している1か月間に地方私鉄タイプ電車というプラモデルを半額で入手できたので作成していました。日車標準型のNゲージは、鉄道コレクションも含めかなりの数が流通し、新潟交通の車輛を再現されたコレクターも多いと思います。素人が組み立てたプラモデルを改めて発表することもないと思うのですが、掲示板を利用させていただきます。ワンマン化されたモハ12で、1980年代初頭の社紋無し広告なしの時期なら再現される方も多くはないと思いその頃の画像を参考にしました。当時小学生の私には一番なじみのあった時期です。(車輛に関しては、一切覚えていませんが・・・。)
 

ありがとうございます。

 投稿者:東関屋  投稿日:2009年 4月13日(月)23時39分53秒
  ご多忙中にもかかわらずご指摘いただきありがとうございます。
他にも通風器は屋根と同色であろう。パンタグラフや避雷器は以前のモワと同じであろう(自作が少し面倒)。台車はこっちではないであろう。前照灯のコードは、車体に合わせて塗り分けられていたであろう。ワイパーははっきりしないので省略しよう。などなどの確信犯的な欠陥が多数存在します。(こういうものを掲示板に出すことが一番問題ですね)
個人的には客車が引ける車輛が増えたのでうれしく思っています。
では、学業以外を含む今しかできないことを満喫してください。
 

Re:新潟交通 モハ17

 投稿者:小林@管理人  投稿日:2009年 4月13日(月)22時49分30秒
  東関屋さん

東武車の登場ですね。おめでとうございます。

重厚な表現が的確になされていますね。すばらしいです。

やはりプラ板と接着剤の組み合わせは気を付けなければならないのですね。

パンタグラフは燕側についていました。以前ご紹介した『新潟交通20年史』にも写真が載っていますね。

今後の個性豊かな車種のラインナップ、期待しています。
 

新潟交通 モハ17

 投稿者:東関屋  投稿日:2009年 4月12日(日)13時19分14秒
  お邪魔します。部品の入手に1か月かかり、少し期間がかかりましたが新作です。小さな車両は一通り作成し、動力化してもバリエーション扱いになると思いましたので、今回は趣を変えてみました。
以前のモハ1は紙で作りましたが、今回プラ板で作ってみました。接着剤の影響で車体が大きく変形したり、素材が透明なので切り口がくさび状になっていることに塗装後まで気づかなかったり、屋根が小さかったりと模型として問題が多いのですが初心者ですのでご容赦ください。
パンタグラフは燕側についていた可能性が高いように思われますが、クハ33の写真に従いました。排障器はクハ33と同様の物が付いていたと思われますが、この期間未装着の車両もあったようなのであえてつけませんでした。
同様の工作でクハ37(改装前)、クハ38、クハ40、モハ16(2代目)、モハ19(製作中)を作ろうと面います。
 

Re:新潟交通 クハ36

 投稿者:小林@管理人  投稿日:2009年 3月 2日(月)17時30分24秒
  東関屋さん

クハ36の竣功おめでとうございます。側板の表現、実車さながらです。

戦中戦後の車両の動きにはおっしゃるとおり「胡散臭い」ものがありますね…

初代モハ16(のち初代クハ36)にしても、モーターの制御方式からして在来車と連結できない車両がやってくるあたりが理解に苦しむところです。オーダーメイドでないのかもしれません。

戦後のデンテツは深刻な車両不足だったといいますし、まずは車両を、ということだったのではないでしょうか。同時期に国の差配でやってきた東武鉄道のお古のうち1両は大正時代の木製車ですし、こう災難が続いては担当者はかなりのショックだったことでしょう。

まったく更新できず、心苦しい限りです。
 

新潟交通 クハ36

 投稿者:東関屋  投稿日:2009年 3月 1日(日)16時06分2秒
  研究しながらサイト管理をされることのご苦労は私などには想像もつきませんが大変なことであろうと思います。他の掲示板のように住人や通りすがりを名乗る知恵者が発生しにくいテーマなのかもしれませんが、存在そのものが貴重であると思いますのでありがたく利用させていただきます。
クハ36は、新潟交通で改装を受けた態を創造してみました。ベコベコの側面等枯れ具合の表現を変えてみました。しかし、クハ34購入時になぜ動力をつけなかったのか。または、モハ16を購入せずにクハ34を動力化しようと思わなかったのか未だにこの車輛の存在が胡散臭く思えてなりません。
クハ34の対価としてモハ1が不足とも思えませんし、やはりクハ34の一輛だけでも動力化したほうがスマートな決断であるように思えます。
 

Re:新潟交通 クハ31

 投稿者:小林@管理人  投稿日:2009年 2月15日(日)23時21分17秒
  東関屋さん

編集方法で高い評価を得ている社史なんです。決して社長や役員を誇張せず、愉快で多様な話題。当時の新潟交通の社風が伝わってきます。

東関屋さんのモハ1、まるで現物を見て模型化されたような正確さで驚きました。クハ31も加わって実にバリエーション豊かになったことと思います。何もできずに申し訳ないですが、これからもご投稿楽しみにしております。
 

新潟交通 クハ31

 投稿者:東関屋  投稿日:2009年 2月15日(日)19時32分36秒
  モハ1確認のため、ご紹介いただいた書籍を先日見てまいりました。写真や図表、数値データの羅列が主体かと思いましたが風土記的な読みものでした。閉館時間もあるのでじっくり読むことはせず、目を通す程度でしたがなんとか竣工図と、女性運転士がパンタを下しに屋根にあがるのがおそろしという記事に正面付近の写真を見つけました。全体像はつかめませんでしたがおおむね形状はあっているようなのでウソつきにならずに済んだようです。縮尺が実際より10%程度大きくなっているのでそのあたりが難点です。  

レンタル掲示板
/4