teacup. [ 掲示板 ] [ 掲示板作成 ] [ 有料掲示板 ] [ ブログ ]

 投稿者
  題名
  内容 入力補助 youtubeの<IFRAME>タグが利用可能です。(詳細)
    
 URL
[ ケータイで使う ] [ BBSティッカー ] [ 書込み通知 ] [ 検索 ]


オリンピック・ロゴでいじめる日本

 投稿者:ねこ  投稿日:2013年 8月31日(土)15時48分15秒
  オリンピック・ロゴでいじめる日本

http://park.geocities.jp/jpcdebate/0203/p039.html#page269

どこまで腹黒い国か。

( http://book.geocities.jp/japans_conspiracy/01/p008.html )
 
 

oxavtawg

 投稿者:oxavtawg  投稿日:2013年 7月19日(金)08時30分20秒
  yonda9922, http://www.nonndobdba.com/ ckwzbrzlby

http://www.pskxxiesgt.com/

 

TTPについての意見

 投稿者:石井暉雄  投稿日:2012年12月30日(日)17時15分29秒
編集済
  安倍内閣が出来て円安にぶれたり、株価が上がったり世の中が変化するように見える。大型補正予算、来年度国債発行は増やすとか、インフレ率2%を目標に日銀と協定を結ぶとか、いろいろ言われているが、本当にやるべきことは規制緩和であろう。12月20の新三木会で「TPP騒動と農業再生」と言う講演会を聞いた。詳しくは新三木会ホームページに出ているが、山下一仁先生は農林省を退官したTPP賛成論者である。講演会で記憶に残っているのは、TPPに反対しているのは農家ではなく農協である。TPPの狙いは将来加盟せざるを得ない中国にTPPのルールを守らせることにある。TPP反対と書けば本が売れるが、基本的なことも分かっていない筆者がいる。等々です。

http://jfn.josuikai.net/circle/shinsanmokukai/

 

昭和三五会談話室の発足

 投稿者:石井暉雄  投稿日:2012年12月30日(日)16時52分15秒
編集済
  昭和三五会ホームページからリンクする型で談話室を発足させました。会員相互の意見交換などにご利用願います。

談話室には下記の方法で非常に簡単に投稿できます。
  1 昭和三五会HPの談話室をクリック
 2 入室パスワードは省略(皆さまのご要望あれば設定します)
  3 昭和三五会談話室画面になる。上段の投稿欄(ブランク)に下記要領で投稿
     ○ 投稿者欄:原則実名を入力(匿名も認める)
     ○ メール欄;入力しないほうが良い(悪意者が入室しアドレスが盗まれるおそれある)
   ○ 題名:入力
     ○ 内容:AまたはBの方法により入力 (Aはパソコンに投稿内容保存されないのでBを推奨する)
          A 入力を中断すると内容が保存されないので、途中で保存したい場合は投稿をクリックする
            投稿を編集・削除する場合は最下段の「自分の投稿の編集・削除」をクリックする
           「自分の投稿の編集・削除メニュー」で(削除または)編集をクリックする
           「自分の投稿[編集]」で編集し投稿する (再編集が必要な場合、同じ操作を繰返す)
         B ワードで投稿内容を予め作成し、コピー・貼り付する
     ○ URL:ブランクでも良い(接続したいURLがあれば入力する)
  4 投稿者は後から編集・削除も可能


 

(無題)

 投稿者:石井暉雄  投稿日:2011年 5月31日(火)18時43分55秒
編集済
  メディアがいろいろな報道をするので、何が本当かが判らなくなる。思い出すのは三原山噴火のとき後藤田官房長官が俺が責任をとると言って全島民を避難させたこと。危機的な状況のときにマニュアルに決めていない事態が起こった場合の対処の仕方はやはりトップの資質の問題に帰するすると思う(5/29投稿の問題提起に対する私の考え)。今回の原発事故による避難ももっとしっかり対処できなかったのか。尖閣列島中国漁船船長釈放も地裁の政治的判断と言い張った。上手く言い逃れたと思っているかも知れないが、国民の不信を買ったことは間違いない。なぜ菅首相は自分が責任をとると言わないのか。  

新三木会甲野啓一講師の講演を聞いて

 投稿者:石井暉雄  投稿日:2011年 5月29日(日)09時26分55秒
編集済
  講師は、現場を知ること、小さな失敗に対処することの積重ねが重要と言っておられたのが印象に残った。専門的なことは判らないが、次のことが新聞報道通りとして私の感想を述べたい。
(1) 東電は3/12に注入する真水がなくなったので、海水注入を決断しFAXで官邸にも連絡し実施 した。
(2) 海水注入のことを知らされていなかった菅首相は“俺は聞いていない”と激怒した。(海水注入を知らなかったので中止の指示をするはずが無いというのが首相国会答弁)
(3) 官邸の意向を汲んで官邸詰の東電社員が本社に連絡、本社は現場に中断の指示をだした。
(4) 現場は海水注入を中断し、55分後再開した。(実際は現場所長が指示を無視して海水注入を継続していたと東電は5/26に訂正した)

このような重大問題が首相の”聞いていない”と言うことだけで決められて良いのか。官邸詰めの東電社員は中断の是非を首相に進言しなかったのか。本社は現場を知らずに中断の指示をだしたのか。もし現場所長が指示に従って海水注入を中断していればどうなったか。危機的状況下におけるトップの指示のあり方、本部と現場の状況認識の齟齬等について議論されることを期待したい。2011年5月29日
 

日本は長寿社会か

 投稿者:石井暉雄  投稿日:2010年 8月 8日(日)08時42分44秒
編集済
  economist intelligence unitが行った Qualiy of Death 調査によると日本は23位にランクされ世界一の長命国にも拘わらず、その質は高くないことを窺わせる。
111歳の日本最高年齢者が実際は30年ほど前に死んでおり、その遺骨はミイラ化していたとの新聞記事ほどおぞましく、お粗末な事件はない。100歳以上は全国で4万人いるそうだが、とりあえず厚生労働省はそのうち年金受給者で、健康保険・介護保険を受けていない者を対象に調べると大臣発言があった。厚生年金デ-タベースから100歳以上をピックアップして市町村で健康保険・介護保険を受けていない者を照合することになろう。年金未払問題と異なり今回は調べる件数は少ないのでたいした手間・費用はかからないと思うが,厚生年金番号・健康保険番号・介護保険番号がばらばらなので照合は手作業に頼るのではないか。
因みに厚生年金番号と住民基本台帳の紐付けは出来ているようなので、戸籍上死んでいる人が年金を受給することはないはず。戸籍上生きているが実際には死んでいる人が何人いるか実際に調べてみなければ判らない。
次に国勢調査の話。The economist July 17thの記事によるとスカンジナビア諸国、スロベニアでは国勢調査はない。人口の多い英国・ドイツでも次回の国勢調査が最後となる予定。森内閣でIT世界一を目指したはずだが世界経済フォーラムが2009年3月に公表した情報通信競争力ではシンガポール4位、韓国11位、香港12位、台湾13位、日本17位となっている。
 

2010年 暑中お見舞い

 投稿者:石井暉雄  投稿日:2010年 8月 8日(日)08時25分28秒
編集済
  暑い日が続きますが如何がお過ごしですか。えるくみ月例会も8月は休会としました。
私は8/1-3日鳳凰三山を縦走してきました。
留守中の新聞を見ると100歳長寿者の所在不明の記事、円高の記事がありました。
8/5の日経社説でビッグマック購買力平価によると1ドル=85円(注)になるとのThe Economist記事を引用してました。

(注)big macの値段 米国3.73ドル 日本3.67ドル(7/21の為替相場1ドル=87.2円で換算)
87.2*3.67/3.73=85.78円

non-subscriberもThe Economistの記事を閲覧できると思いますので下記クリックしてみてください。

各国のbig macの値段
http://www.economist.com/node/16646178

7/21の為替相場
http://www.economist.com/node/16645980


上記方法で閲覧できれば今後は興味ありそうな記事を「えるくみ掲示版」からクリックして閲覧できるようにします。
The Economistのデータベースから添付の表を作成しました。(数名の方には重複します)引用件数では2003年に中国、2006年に印度に追いつかれました。
 

2010年 新年を迎えて

 投稿者:石井暉雄  投稿日:2010年 1月 1日(金)00時04分26秒
編集済
  The Economist最新号は、2009年世界は Great Recession の年であったが、一方
Great Stabilisation の年でもあったと総括しています。日本のメディアにはこのような論調は見かけません。
かって日本がバブルで浮かれていたときにBill Emmott(当時The Economist東京支局長)がThe Sun also Sets(日はまた沈むージャパンパワーの限界)を書き、
われわれが失われた10年と沈んでいたときにThe Sun Also Rises(日はまた昇る日本のこれからの15年)を著しました。
日本人及びメディアは総楽観とか総悲観とか考え方がいずれかに偏る傾向があると思います。
自由な生き方としてメディアがもてはやしたフリーターが今や格差社会の犠牲者と捉えられ製造業への派遣規制が議論されています。フリーターの光と影を理解した議論が必要だったと思います。

かって日本は所得倍増計画とか、東京オリンピックの開催が国民的目標でした。
今年は中国が日本を抜いてGDP2位になるそうですが、今さら中国に負けるなー経済大国の維持ーを国民的目標とすることは出来ないでしょう。
私は日本は「世界一の環境立国を目指す」という目標を持つのが良いと思います。規模の拡大を目指すものではないし、個人レベルでも環境を良くする努力はできると思います。
折角わが国の首相が国連で温室ガス25%削減の高い目標を掲げたのに、国民に負担を強いるとか、国際社会で不利になるとの論調が目立ちます。
1985年のプラザ合意で円の切り上げがあったときも円高不況が来るとの悲観論が多かったが、結局日本は円高を乗り越え企業は世界に進出し、国民も円高のメリットを享受できたと思う。温室ガス削減目標についても同じことが言えないだろうか。

日本の存在感が国際社会で薄らいでいると言われています。日本は大国である必要はないが退国になるべきではない、耐国であって欲しいと思います。
山は登り始めが辛いが一歩一歩ゆっくり登っていけば、いずれは頂上に到達する。
希望を持って努力しましょう。
 

ブラウザ共通の「お気に入り」の作り方

 投稿者:石井暉雄  投稿日:2009年 7月13日(月)16時20分30秒
編集済
  私は各ブラウザ内の「お気に入り」にURLを登録するのではなくデスクトップに「お気に入り」(フォルダー名は何でも良い)と言うフォルダーを作り、そこに250個のホームページのアドレス(URL)を登録している。
登録したいホームページを開き、URLが表示される場所の一番左にあるロゴをデスクトップ上にある「お気に入り」にドラッグするだけで良い。
登録したURLを開くときはデスクトップ上の「お気に入り」を開き、お目当てのホームページにカーソルを当ててクリックするだけ良い。
 

パソコンOSグーグルが参入

 投稿者:石井暉雄  投稿日:2009年 7月12日(日)18時46分29秒
編集済
   7月9日日経に標記の記事が出ていた。来年秋にグーグルがChromeOSを無償提供する。マイクロソフトが10月に新規投入するWindows7に影響がでるだろうとの内容。
 マイクロソフトがWindowsVistaを売り出したばかりで次のOSを出すということはVistaの失敗を物語ると思う。従来からマイクロソフトは優越的地位を利用してWindowsOS(Vista、XPなど)にInternetExplorerやOutlookExpressを組み込み、さらにパソコンにWindowsのロゴを貼らせるなど露骨な商売をしてきた。マイクロソフトからグーグルへの地殻変動が起きる可能性がある。The Economist July 11th 2009のGoogle v Microsoftと言う記事の中でTechCrunchのブロッグ"Google Drops A Nuclear Bomb on Microsoft"を紹介している。インターネットを閲覧するためのソフト(ブラウザ)はInternetExplorer以外にもFirefox,Chrome,Safariなど無償提供されているが、パソコンを買ったときにプレインストールされているInternetExplorerが一般的に利用されているのが実情である。
 私はインターネット経由でGmailを利用しているので、ブラウザもChromeを利用している。Gmailを使う場合はChromeで起動するほうがInternetExplorerより格段に速度が速い。来年秋グーグルがChromeOSを提供すればChromeOS-Chrome(ブラウザ)-Gmailと一貫してグーグルのソフトを使えるのでので一層速くインターネットの起動、メールの送受信がおこなえるものと期待している。上記4つのブラウザ全てをパソコンにインストールしているが、それぞれのブラウザの「お気に入り」にURLを登録するのは面倒なので共通の「お気に入り」をデスクトップ上に作り利用している。共通の「お気に入り」の作り方は投稿を改める。
 最近クラウドコンピュティングと言うことが日本でも話題にされだしたが、この点でもグーグルは先んじており、メールもやがてはGmailが優勢になると思われる。自分が欲しいGmailのアドレス名を早く確保しておくことをお薦めする。
 

植樹会作業に参加して

 投稿者:石井暉雄  投稿日:2009年 5月26日(火)09時02分16秒
編集済
  5月22日初めて植樹会作業に参加した。国立駅前から自転車が多く置かれていたが、キャンパス内に入っても自転車と学生であふれかえっている光景は私にとっては目新しかった。1時30分頃参加者が職員集会所に集まりだし、作業斑幹事が今日は4箇所の草むしりをするので4グループに分けた。私はマーキュリータワー近辺の除草作業に加わった。後から学生も加わり約2時間で作業は終わったが、広大なキャンパスに比べればほんの一滴である。作業終了後ウーロン茶とおつまみで全員集合。学生も礼儀正しく女子学生も多く、こちらも元気をもらったような気分だった。また環境を整備することにより、捨てごみが少ないなど全体のマナーも良いという印象を受けた。次回作業は6月19日です。関心のある方はご参加下さい。  

第36回一橋植樹会総会に参加して

 投稿者:石井暉雄  投稿日:2009年 5月26日(火)08時31分44秒
編集済
  5月10日佐野書院で開催された植樹会総会に初参加した。国立の駅を出ると大学通りの桜並木は葉が鬱蒼と茂っており、歩道も日影を歩くことが出来た。大学構内、佐野書院も緑一色で植樹会の作業も大変膨大なものであり、参加のしがいがあると思った。私が植樹会に加入したのは、5月1日にえるくみ会で大泉さんから、えるくみの加入者が少ないと勧誘されたのがきっかけである。安藤さんと私が加入を希望した。どうせならと総会から出席した次第。以下は総会の資料からの抜粋。H20年度OBの会員数は増えている(H19:671名、H20:850名)が、作業参加者は減っている(H19:432名、H20:404名)。学生は会員数は少ない(H19:33名、H20:41名)が、作業参加者は多い(H19:399名、H20:461名)。今回が36回目の総会なので歴史は古く(新生植樹会としては6回目の総会)、卒業生・教職員・学生が一体となって作業するという非常にスキンシップのある組織である。また会費だけの加入でも良く、会員でない作業参加だけの学生も多い。寄付とボランティア作業のいずれも歓迎している。新会長の下、H21年度計画では会員総数1200名(H21/3月末995名)を目指すとのこと。趣旨に賛同される方は是非植樹会にご加入下さい。また充実した植樹会ホームページが如水会ホームページの中にあるが閲覧者が多くないとのことなので、えるくみ会ホームページからも直接閲覧出来るようにした。  

2009年5月例会の報告

 投稿者:石井暉雄  投稿日:2009年 5月 2日(土)05時56分40秒
編集済
  ゴールデンウイークの谷間で如水会会員食堂も閑散としていたが、えるくみ例会は予想を超える9名の出席者で盛り上がった。先月の飛鳥山お花見に内山夫妻が参加され、そのとき聞いた話として、海外で病気にかかっても、発症の原因が旅行以前にある場合は保険適用されないということを皆様に伝えた。今年のお花見はタイミングよく桜の満開時に行われた。来年はどこにしようかという話もでたが結論らしきものはない。来年の新年会は1月5日(火)午後4時からカラオケ室で開くことが決まった。8日(金)はすでに他クラスが予約済みだったので5日に決定した次第。大泉さんから2月例会に引き続き植樹会への勧誘があり「えるくみ」のメンバーが少ないということで、安藤、石井暉が加入に手を挙げた。他に加入希望者がおられましたら大泉さんに連絡願います。石井から2月例会に引き続きGmailアカウント取得のお勧めをした。Gmailは件名の同じ送受信を一連のもの(thread)として閲覧できること。フォルダーと異なり複数のラベルを貼れること。当面不要なメールは非表示(archive)にできる点で優れています。また現状のまま送受信しながら、受信メールをgmailへの自動転送を設定しておくと大切な受信メールを削除してしまった場合でもgmailには残っています。パソコンが故障した場合、プロバイダを変えた場合でもgmailはそのまま使えます。詳しいことは1月11日の掲示版に載せてあります。加藤さんはAOLを使い、同時にGmailアカウント取得済みだそうです。またgoogleのyoutubeもお勧めとのことです。次の例会は6月5日(金)6時です。  

2009年2月例会の報告

 投稿者:石井 暉雄  投稿日:2009年 2月 7日(土)11時30分35秒
編集済
  昨日行われた例会の決定事項等報告します。参加者7名(敬称略)

1  えるくみ幹事を井澤・石井暉雄・石井利一・植松・大泉に決定。
  50周年記念大会の準備委員会が2月19日11時30分から如水会館記念室
  (会費4千円)で開かれます。ご出欠を9日までにお知らせ願います。
2  えるくみ月例会は、同じ場所で、毎回同じ日時で開くのが良いという意見があり
  従来どおり第1金曜日6時から如水会館14階食堂で開くことに決定(8月は休会)
  どなたでもご出席下さい。
3 お花見は安藤・岩田にお願いして3月の月例会で日にち・場所をきめることにしまし
  た。ご両方よろしくお願いします。
4 久しぶりに出席した大泉からラグビーグランド整備が完了の報告、植樹会への参加の
  勧誘、企業ペンクラブの紹介があった。
5 石井暉雄から資料に基づき3ヶ月使ったgmailの便利さを説明。

以上のような状況ですが、月例会は1999年4月にスタート、2004年2月からは毎月開催、時には休会・流会もありましたが今後も末永く続くことを期待して幹事もがんばりますので、皆様のご協力もよろしくお願いしす。
 

gmail③ gmailアカウントの取得方法について

 投稿者:石井 暉雄  投稿日:2009年 1月11日(日)11時40分6秒
編集済
  ① 下記をクリックするとGOOGLEのホームページになります。
  http://www.google.co.jp
  もし開けない場合は上記をURL欄に入力してください。

② ①で開いた画面左上のGmail(左から5つ目)をクリック。

③ ②の画面右下にあるGmailアカウント登録をクリック

④  ③で開いた画面に姓:名:希望するユーザー名:を入力
   使用できえるか確認、他人が使用済みの場合は別のユーザ-名を考える
   8桁以上のパスワード設定を入力
   セキュリティ保護用の質問で自分で質問を作成・回答したい場合は「自分で質問を作成」を選択
   文字の確認では顕れている英数字を判読入力、誤判読の場合は別の英数字が顕れる
   サービス利用規約に「同意して、アカウントを作成します」をクリック

⑤ 以上でアカウント取得できるはずです。即座にメールの送受信ができます。
  Outlook等に保存してあるメールをgmailに転送して慣れることをお勧めします。

やってみて上手くいかない場合は、私に電話頂ければ電話でやりとりしながら、私もパソコンの同じ画面を立ち上げてサポ-トできると思います。
 (事前にメール頂ければありがたいです)
 

gmail② gmailのメリット・機能について

 投稿者:石井 暉雄  投稿日:2009年 1月11日(日)11時29分13秒
編集済
  私は(イ)ishiizzz@gmail.com、(ロ)ishiisss@gmail.com、(ハ)ishiizzz@hotmail.com の3個を使っています。

 (イ)は私的なメールで皆様との送受信用、(ロ)はファイル(今のところ写真4000枚)の保管用、(ハ)はメルマガ等の受信用に登録したものです。
以下に説明するのは(イ)についてです。(ロ)はgmail drive extentionという第三者無償ソフトをインストールする必要あります。厳格に言うと(ロ)のような使い方をgoogleでは認めていませんが、野口悠紀雄の超「超」整理法でも紹介されているので普通に使用する分には問題はないと思います。
(イ)についての使用法の参考書は市販されています。(ロ)に関する使用法の参考書はありません。

Gmailのメリット・機能
1.1通20MBまでの送受信ができるので大量の写真を一度に送受信することができる。
2.7ギガまで保管できるので古いメールを削除する必要が無い。
3.メール作成の宛先に名前の一部を入力すると候補が出るのでわざわざ連絡先からピックアップする必要ない。
4.メールアドレス変更の通知を受けた場合連絡先を修正すると自動的にメーリングリストも修正されている。削除の場合も同様。
5.フォルダーの代わりにラベルを使うので複数のラベルを貼ることができる。
  ファルダーの場合はどのフォルダーに入れるかメールを分類するが必要があるが、
  gmailではラベルを貼るだけで複数のラベルを貼ったメールはどちらのラベルからでも絞り込むことができる。(実際の検索で大変便利です)
6.「設定」「ヘルプ」画面が広いので判らないことに対する解決法が容易に見つけられる。
  (outlookなどではプルダウン形式なので、解決法を見つけにくい)
7.当面見る必要のないメールはアーカイブに保存して必要なメールのみ見ることができる。
8.「すべて」を選ぶと送信・受信・ゴミ箱を一緒に表示・検索できる。勿論送信のみ、受信のみに絞っての表示・検索もできる。
9.現在使用中のアドレス名も継続しておけばそのアドレス名でもgmailを送受信できる。
10.多数の人に送信したメールに対する返信はスレッドと呼ばれ一連のものとして閲覧できるので便利。(慣れるまでは不便)

ディメリット
1.Outlookと異なり、相手先別、見出し別のソートができない。gmailは時間別に並ぶだけである。
2.添付ファイルをパソコンに保管ずるためダウンロードする際、ダウンロード先を選択する機能が無い。
  一律にマイドキュメントにダウンロードされる。
3.アカウントを3ケ月使わないと取り消される。  以上
 

gmail① クラウドコンピュティングについて

 投稿者:石井 暉雄  投稿日:2009年 1月11日(日)11時20分31秒
編集済
  今クラウド(雲)コンピュティングがもてはやされている。
従来は自分のパソコンにソフトウエアとデータを保存するやり方だったが
将来はソフトウエアとデータをプロバイダなどが提供するサーバーに集中し、
各人はその都度必要なソフトウエアをダウンロードし、作成したデータもサーバーに保管するという方法である。
クラウドというのは感覚的な命名で特に意味があるわけではない。
クラウドコンピュティングは、各人のパソコンのソフトウエアをアップデートする必要が無い、
パソコンが故障したり買い替えたりした場合でも、ソフトウエアやデータを移し替える必要が無い、
サーバーにアクセスするIDとパスワードさえ入力すればどこに行っても自宅のパソコンと同じことができる、
パソコンにはOSとインターネットに接続、閲覧するソフト(ブラウザー)さえ入れておけばよい、
等々の利点がある。
Googleのgmailもクラウドコンピュティングの一つでインターネット上でメールを使うのでwebmailと称されている。
webmailにはgmail以外にマイクロソフトのhotmail等もあり私も利用しているが、次回述べるようにgmailの機能は格段に優れている。
gmailについては野口悠紀雄教授の超「超」整理法、講談社2008年9月発刊に詳しく出ている。以上
 

「えるくみ」会の活性化について

 投稿者:石井 暉雄  投稿日:2009年 1月11日(日)09時20分52秒
編集済
  2004年2月から「えるくみ」会が毎月一回開催されるようになり丁度5年経過した。
長いこと幹事を担当された宇賀さんから去年10月に幹事を引継いだが、
最近「えるくみ」会もマンネリ化してきたのか昨年は何回か流会になった。
如水会館に集まる以外にもお花見・国立訪問・街歩き・美味しいもの食べ歩き・ゴルフ・山歩きなども行われてきた。
1月9日の新年会で「えるくみ」の活性化について提案した。
①「えるくみ」会は自由な会なので出席を強制する必要はないが、出席すれば面白い・役に立つという会にすればいいのではないか。
そのためには各人が興味を持っているもの・得意なものを出し合ったらどうか。
②「えるくみ」会に出席できない人にも電子掲示版を活用してもらいたいとの提案をした。
50年前のL組では「えるくみ」という文集も発行されたし、
今は企業PENクラブ(大泉さんが所属)というのもインターネット上にあるということを紹介し(掲示版上の)読書会などはどうかと補足した。

新年会出席者からはいろいろな意見がだされたので以下順不同で掲載する。
1. 現在は毎月第一金曜日6時(囲碁・将棋の同好者は3時・4時ごろ)から開催されているが昼間の開催にしたらどうか。
2. 2ヶ月に一回にしたらかえって会いたくなるのではないか。
3. 8月は休会にしたい。
4. 囲碁・将棋の終わったあとの飲み会のような感じを受ける。
5. 毎回担当者を決めておきスピーチとか、得意分野を企画したらどうか。(かえって負担が重くなるとヘジテートする意見あり)
6. 読書会を集まってやる場合は場所の問題がある。
7. メールと異なり掲示版への投稿は敷居が高い。
8. 50年間別々の道を歩んできたので興味も異なる
などなどいろいろな意見(他にも意見があったかもしれません)があり、結論がでたわけではありません。

なお掲示版の以下の記事を参照願います。http://8811.teacup.com/erukumi/bbs

2007/4/11「えるくみホームページ」「えるくみ掲示版」開設の経緯と趣旨
2007/12/17 掲示版への投稿の方法
2008/1/5 ホームページの再移転について
 

山歩き

 投稿者:石井 暉雄  投稿日:2009年 1月 2日(金)10時32分47秒
編集済
   

 去年も山歩きを楽しむことができた。ハイキングより少しハード、登山というほど本格的ではないと言う意味で
「山歩き」と称しているが、私流の解釈である。1年中山歩きは出来るが、今の季節は天候が安定しており、
木の葉も落ちて見晴らしも良くなり、日照時間は短いが山歩きにはもってこいの季節である。
北面から登りだすとまだ空気も冷たく、やがて段々体も温かくなり、頂上に着くころは大いに汗をかいている。
午後の4時を過ぎると山影は暗くなるので、早めに下山して、温泉に浸かり体を伸ばし充実した一日を過ごすことが出来る。
 結構な回数奥多摩の山に行っているが、びっくりしたのは去年9月に奥多摩在住の著名な登山家山野井さん(両手・両足の指を凍傷で切断したが、
その後岩登りを再開したというドキュメンタリがNHKテレビで放映されたことがある)が熊に襲われたというニュースだった。
場所は奥多摩湖の北に位置する倉戸山の山道ということだった。
私も何回か歩いた道で、2006年5月に「えるくみ」メンバーとも行った場所である。

 奥多摩には「熊出没」という立札をところどころ見かける。立札が古いことと、
まさかこんなところに熊が出るはずがないと軽く見ていたので今までは全然気にしていなかった。
山野井さんの記事がでてからは、熊鈴を付けて歩くようにしている。
 インターネットで調べてみると奥多摩で熊の目撃情報は毎年数件報告されている。
奥多摩消防署の山岳事故詳細情報によると平成15年・16年・18年に1件ずつ熊との遭遇事故が起こっている。
 幸いに熊には出くわしたことは無いが、去年10月川苔山に登る山道で突然犬に出会った。
熊記事の直後だったので一瞬ハットしたが、あとから飼い主が現れて大丈夫ですよと当然のことのように言った。
犬をつれて山歩きするなら、犬の首に鈴でも付けろと言いたいところだった。
去年12月鳩ノ巣駅から御岳まで歩いたときも大楢峠に「この辺りはつきのわ熊の生息が
確認されています」という立札があり不安になった。万が一ということも有るのであまり
人の歩かないいところは避けたほうが良いかもしれない。

 山に囲まれた日本では昔は隣の集落に行くには峠を越えるしかなかった。
旧甲州街道を歩くと笹子峠を越えなければならない。笹子峠はかなり急な登りである。
甲斐と秩父を結ぶ往還道も昔の人は雁坂峠を歩いて越えたが、今では雁坂トンネルを車で簡単に行ってしまう。
大菩薩峠に登ると旧青梅街道とある。昔は生活道として行き来していた。
今は訪れる人は少ないが、私は峠を歩くのが好きである。

「えるくみ」として始めたハイキングも去年で16回になった。今年も春・秋に行きたいと思っている。
熊に遭遇しないことを願って今年も山歩きを楽しみたいものである。
                          2009年1月2日  石井暉雄

 

増田四郎先生生誕100年記念ー講演と語らいの集いご案内

 投稿者:石井 暉雄  投稿日:2008年 9月 6日(土)08時19分52秒
編集済
  昨日のえるくみ月例会で岩田さんから下記のご案内を頂きましたのでご紹介します。
参加希望者は岩田さんまでご連絡願います。

日時: 平成20年(2008年)10月4日(土)午前11時ー午後2時(会場午前10:30)
場所: 如水会館スターホール  電話 03-3262-0111(代表)
会費: 5000円(同伴者2000円)

        プログラム

[講演の部]11:00-12:30
      Ⅰ. 山田欣吾・一橋大学名誉教授
         仮題「増田四郎先生の人と思想」
      Ⅱ.中村政則・一橋大学名誉教授
         仮題「増田先生と私の日本史研究」
      Ⅲ.大月康弘・一橋大学教授
         仮題「増田先生から引き継ぐもの」

[歓談の部]12:30-14:00
      Ⅰ.乾杯の辞

      Ⅱ.ショートスピーチと歓談
         増田先生の様々なお姿や学問以外のご活躍についての
         ショートスピーチを交えて、ご歓談の場とします。

 わが国の歴史学研究に大きな足跡を残された増田四郎先生は、明治41年(1908年)10月2日、奈良県・月ヶ瀬に生まれ、
ことし生誕100年を迎えました。この記念すべき年に、増田四郎ゼミ(しろう会)が中心になって
「増田四郎先生生誕百年記念実行委員会」を組織し、記念パーティーを開催することになりました。
 増田先生の学問のみならず、一橋大学における功績、後世に遺された数々を振り返り、
先生を偲びたいと存じます。
 先生の謦咳に接した門下生、先生の一橋大学教授・学長時代に関わられた方々、
先生にゆかりのある方々にご案内しております。ご関心のある方々をお誘いの上、
ご参加くださるようお願い申し上げます。

                増田四郎先生生誕百年記念実行委員会

                呼び掛け人

                 増田ぜみ「しろう会」(代表幹事 行木 陽一)
                 山田欣吾ゼミ有志
                 米川伸一ゼミ有志
                 中村政則ゼミ有志
                 村松祐次ゼミ有志
                 増渕龍夫ゼミ有志
                 渡辺金一ゼミ有志
                 一橋大学端艇部・四神会有志
                 一橋庭球倶楽部有志・四神会有志
                 如水会国立・国分寺支部有志
                 その他一橋大学教員・如水会関係者有志
                                 (順不同)

なお、案内状は「同封の葉書で出欠を9月10日までにお知らせ下さい。通信欄あるいは手紙で、
増田先生との関係や思い出なおをお書きくだされば幸いです」となっています。
参加希望者は岩田さんにご連絡頂ければよろしいかと存じます。石井

http://erukumi.mad.buttobi.net/

 

9月24日如水会定例晩餐会のご案内

 投稿者:石井 暉雄  投稿日:2008年 9月 6日(土)08時14分44秒
編集済
  増田先生生誕100年記念パーティのご案内に続き別の案内です。
すでに如水会会報8月号に載っているのでご存知かも知れませんが、
標記の晩餐会で白石武夫さんが、「東大から見た辛酉事件の必然性」という演題でお話されます。
白石さんは再来年開催される「昭和三五会卒業50周年記念大会」の魁としたいとのことです。
参加希望者は如水会業務部 03-3262-0111(代表)まで申込み願います。会費は5000円です。

辛酉事件は、100年前、増田先生生誕の1908年(申年)から1909年(酉年)に起きた事件です。
辛酉事件自体はインターネットでも調べられますが、(参考ホームページ:辛酉事件)
「辛酉事件」&「東大」or「文部省」で検索しても資料が見つかりません。

白石さんがどうやって文部省あるいは東大側の事情を調べたかに興味があります。

9月1日に辞任を表明した福田総理が公文書の重要性を強調して
4日の「公文書管理の在り方等に関する有識者会議」で「将来の国民に分かってもらえるようなものを(残したい)。
あの時代は、2008年はどうだったとか……。急に総理大臣が辞めちゃったとかね」
と挨拶されたそうです。
統計とか重要文書の保管・公開は本当に大切なことだと思いますが、
わが国には未だそのようなインフラ整備が不足していると感じました。

http://erukumi.mad.buttobi.net/

 

年賀状

 投稿者:伊藤 洵  投稿日:2008年 2月 1日(金)22時02分14秒
  子‘の年や 瑞‘光昇る 見‘事なり
        あ‘!い‘と嬉‘しや え‘えお‘正月
であるを祈念します。 平成20年 元旦
ーねずみとア行を織り込短歌ー

【サシス世相】
あかんなも インチキばれて 嘘つきの
エセ食品 おお無残なり(ア行世相風刺短歌)

当事者が世間の糾弾を浴びるは当然として、賞味期限の再考をどう思う?
“そんなの関係ない”なんていやーすな。
“じゃあ、どんだけ” “まぁ聞いてチョー。こんだけだわ”
いまや世界語ともなったもったいない精神との調和を考えたらどうだろう。
納豆なんかは期限が切れた頃が風味がよく食べ頃だとか。かっては腐って
いるかどうかは、自分の舌で確かめていたんだよ。
そういう味覚能力も失われるはもったいないねと思うは、子年を7回も
迎えた爺と、ついに敬老パスをもらえることになった婆だけだろうか。


言葉遊びが大好きな自画自賛ならぬ爺が爺賛している1ヶ月遅れの年賀状の駄作見てチョーダイ。
伊藤 洵
 

えるくみホームページの再移転について

 投稿者:石井 暉雄  投稿日:2008年 1月 5日(土)11時10分44秒
編集済
  無料ホーメページの場所を次々に移転してきました。その理由は次のとおりです。

(1)Yahoo geocitiesは一つのホームページの容量が50メガバイトまでに制限されてい
   る。今までは数個のホームページを繋いで一つのホームページに見えるようにして
   きましたが、分量が増えてきたので作業が煩雑になってきた。

(2)fc2は広告が小さくて良かったのですが、1ファイルが0.5メガバイトまでに制限さ
   れておりそれを超える写真126枚が数日後に削除されていました。FC2のホームペ
   ージも当分残しておきます。

(3)新規に開いた[ぶっとび,ねっと]では1ファイルが1.5メガバイトまでに制限されて
      いるが、現在のところすべての写真が1.5メガバイト以下です。
   ただし使用している容量(現在の使用量は137メガバイト)に見合ったアクセスがなけ
      れば、単なるファイル置き場と判断されホームページ自体が削除される由。
      皆さんせいぜいアクセスして下さい。

http://erukumi.mad.buttobi.net/

 

掲示版への投稿の方法

 投稿者:石井 暉雄  投稿日:2007年12月17日(月)09時45分12秒
編集済
  投稿は次のとおり。メールの送信とほぼ同じです。

「投稿者」には本名、ニックネームなど1文字以上入力します。
「メール」はブランクが無難です。メールを入れると投稿者名が青で表示されます。
「題名」、「内容」は何を書いても結構です。
「URL]はブランクでも結構ですが http:/erukumi.mad.buttobi.netと入力すれば、
 えるくみホームページに戻るように設定されます。

「確認」ボタンをクリックする。
修正不要の場合は「投稿」ボタンを押す。
修正する場合は「戻る」ボタンを押す。投稿前に掲示版を閉じてしまうと、内容がすべて消去されます。下書きは残りませんので注意して下さい。

自分のパソコンから投稿したものは削除、修正できます。
削除、修正したい場合は、画面の再下段にある「管理者メニュー」ボタンを押す。パスワードは不要です。
削除する場合は「削除」ボタンを押す。
修正する場合は「編集」ボタンを押す。

http://erukumi.mad.buttobi.net/

 

「お気に入り」を整理

 投稿者:石井 暉雄  投稿日:2007年11月29日(木)19時43分44秒
編集済
  2006年12月2日日経土曜版に"パソコンデータの整理術"と言う記事が出ていたので、これについての異論をメール(2006/12/02以降10回)しましたが、2007年11月24日日経土曜版に"[お気に入り]を整理","まずはフォルダに分類"と言う同じ発想の記事がありました。

フォルダを作ることの欠点は(1)フォルダを開かないと中身がわからない (2)どのフォルダに入れるかという分類が必要になる (3)同じものを別のフォルダに入れるという重複のおそれがある。

私の保存整理方法は(1)お気に入りは使わない(2)デスクトップに一つフォルダを作り、保存したいアドレス(http://  )をドラッグして入れる(3)アドレスの頭に"えるくみ" "システム" "山登り"など適当な名前を付ける。(4)探したいアドレスは名前順にソートされ、一覧性もあるので簡単に探せる(5)探したアドレスをクリックするだけで見たいホームページが閲覧できる。以上であります。

http://erukumi.web.fc2.com

 

2回目の富士登山

 投稿者:石井 暉雄  投稿日:2007年 9月 3日(月)10時06分28秒
編集済
  去年と同じく富士吉田の火祭りが行われた8月26日-27日に富士山に登った。去年は土-日で大混雑だったが今年は日-月だったので山小屋も若干すいていて、隣の人と肩を接して寝むれるくらいだった。コースは去年とまったく同じく河口湖から5合目までバス、山小屋は去年泊まった鳥居荘より200メートルほど上にある太子舘にした。泊まる山小屋を上にするほど2日目に登る高度差が少なくて楽になるが、今回も頭痛・食欲不振などの高山病に悩まされた。頂上は晴れていて今回はお鉢廻りも出来たが風は相当に強かった。強風で体がふらついて事故にあう登山者もいるそうである。来年も体力があれば、別のルートで登ってみようかと思う。それほど登り甲斐のある山ではないが、交通の便が良いのと携帯も通じるし、山小屋が多くあり便利なためである。どなたか一緒に行きませんか。  

「えるくみホームーページ」「えるくみ掲示板」開設の経緯と趣旨

 投稿者:石井 暉雄  投稿日:2007年 4月11日(水)10時35分49秒
編集済
  1994年4月に有志が集まって始めたのが「えるくみ会」の源流。当初は不定期だったようだが、そのうち「ミニえるくみ会」と称し、隔月開催になり、「ミニ」もはずし、現在は原則毎月第1金曜日に開催している。一昨年ぐらいと思うが、過去の開催記録を整理しようという話が出てきて私がなんとなくその役を引受けた。過去のことが分からず、宇賀さん、安藤さん等が持っていた記録をもとに整理した。その時はエクセルに保存して、時々メンバーに配る程度のことを考えていたが、ホームページにしたら、「えるくみ会」に出席できない方にも見てもらえると思った。「如水会公式サイト」の中にクラス会、ゼミ、同好会等多数のホームページがある。「えるくみホームページ」は外部の人に見てもらうのが目的ではないので、「如水会公式サイト」の中に載せるのは窮屈と感じ、現在ヤフーを利用している。無料で100メガまでの容量を幾つでも使えるので、大きい写真も数多く載せられる。
「えるくみ掲示板」も上田さんの提案で今年から作った。「掲示板」は入室キーがあり、外部の人が見る機会は少ないと思う。内輪のコミュニーケーションの場として自由に利用して下さい。またホームページ・掲示板についてのご意見があればお知らせ下さい。

えるくみホームページ
 

ホームページに個人写真・名前を載せることについて(2)

 投稿者:石井 暉雄  投稿日:2007年 4月11日(水)09時54分49秒
編集済
  4月4日に夫人参加で花見に行きました。そのときの個人写真を「えるくみホームページ」に無断で名前付で載せることに躊躇もありましたので、参加者に聞きましたところ井澤さん、秋澤さん、宇賀さん、荒野さんからメールがありました。参加者以外の方からも意見があれば再考することにし、とりあえずは個人写真・名前付で載せました。その後宇賀さん、荒野さんからも個人写真・名前を載せることは異存ない、お任まかせする旨のメールを頂きました。秋澤さんからのメールを以下に紹介させて頂きます。
荒野様
新宿御苑のお花見ではお世話さまになり、ありがとうございました。
皆様にご親切にしていただき、楽しい時間が持てました。
その後、HPの写真の件で色々肖像権の問題などあるように皆様のメールを拝見しております。
私個人と致しましては、一度に大勢の方にお目にかかり、お名前とお顔が分からない、
もしくは間違って記憶してしまった等等ありますので、お写真のお名前はよかったと思います。
そのような理由で、もし私の肖像権に関しましのご懸念はご放念くださいませ。
ただ、HPに乗ることが皆様のプライバシー云々・・・となると分かりませんので、
皆様のおよろしいようにお任せいたします。
皆様にお礼を申し上げておりませんでしたので、この場をお借りしてお礼申し上げます。
またの機会を楽しみにしております。秋澤希代子
 

ホームページに個人写真・名前を載せることについて

 投稿者:石井 暉雄  投稿日:2007年 4月 8日(日)20時04分32秒
編集済
  「えるくみホームページ」に個人の写真・名前を載せるかは過去にいろいろやってみました。
45周年大会には写真・名前を載せています。国立お花見では写真のみ載せています。
大菩薩では2回とも写真・名前を載せています。
写真・名前を載せることについて井澤さん、秋澤さん(顔と名前を覚えることが出来る)は肯定的な意見です。宇賀さん(レストハウスの写真は第3者が写っている)、荒野さん(男性は良いが、女性は削除したほうが良い)はレストハウス内の写真を載せることに否定的な意見です。
「えるくみホームページ」は(イ)記録の保存と(ロ)「えるくみ会」に出席されない「えるくみ会員」にも見てもらう目的で作成しています。
個々の写真で載せたくないという申し出があれば除外することにして、原則として個人写真と名前も載せたほうがよいと個人的には思います。
第三者が偶然「えるくみホームページ」を見ることはあり得ますが、あくまで内輪のコミュニケーションが目的です。会員専用のパスワードでも設定出来れば良いのでしょうが、無料の容量を使用しているため無理です。
如水会公式サイトに橋矢会(35年卒P組)、獅子会(44年卒)等のクラス会のホームページがありますので参考に見てください。
なおホームページに載せた写真に第3者が背景に写っていた場合、その人がそれを知ってプライバシー侵害とか肖像権侵害とかクレーム出来るのでしょうか、どなたか教えて下さい。
 

東京地裁傍聴

 投稿者:加藤健介  投稿日:2007年 2月17日(土)18時35分27秒
  えるくみ会で実施する裁判傍聴は今回が四度目でした。裁判員制度導入で裁判が身近になるのを踏まえ馴れるのに役立つかも。午前十時開廷の連続放火事件の初公判を傍聴しました。傍聴後の各位のコメントはいろいろでしたが、警官が尾行して警戒していたにも拘わらず類焼し大火事になったのは警官達の不手際もあったと感じました。参加された諸兄のコメントをお待ちします。裁判所地下の食堂で国費補助の廉価な昼食をとった後、当日第二のイベント、池袋演芸場へ移動しました。裁判傍聴者は次のとおりです。荒野、安藤、井澤、宇賀、加藤(敬称略)。  

ADR

 投稿者:上田 喜章  投稿日:2007年 1月26日(金)20時35分23秒
  裁判外紛争解決手続(ADR)をご存知でしょうか。土地家屋調査士の分野で典型的なのは「境界紛争」です。隣地との境界に不満のある方は、「境界確定訴訟(裁判)」の前に、ADRとか「筆界特定制度」を利用してください。語句の意味については検索機関を参照してください。  

富士登山

 投稿者:石井 暉雄  投稿日:2007年 1月20日(土)20時12分30秒
編集済
  毎年30回ほど山に登っているが、去年は富士山に登ってみた。特に登りたい山だった訳ではないが、8月はじめ南アルプス北岳山荘に泊まったときの明け方、富士山が雲海の上に聳えて見えたので、古希を迎えた記念に登ろうかと思った次第。一緒に行く人を探したが、昔登ったことがあるとか、足に自信が無いという理由で相手が見つからず、単独行も自由でよいと思い一人で登った。2200メートルの5合目までバスが行くので、1日目は3000メートル手前の鳥居荘に泊まり、2日目は6時ごろ出発して頂上に登り、再び5合目まで降りてきた。富士山には尾根も無ければ峠もなく、ひたすら登るだけであるが2日かけて登ればそんなにきつい山ではない。ただ高山病対策のため薬局で酸素ボンベを3本買い持って行った。特に効果があったかどうかは分からない。私が登ったのは富士吉田の火祭りがあった8月26日で、これを以って富士山の山仕舞いとなり、その日からぼちぼち山小屋が閉まってくる。お盆の頃が混雑のピークで、山仕舞いの日が2番目のピークだそうで、山小屋での夜は頭と足を交互にして鰯の缶詰のような状態であった。ほかの山では若い人は見かけないが、富士山では結構若い人と外国人が多いのが意外だった。富士山に登らないバカと2度登るバカがいるそうだが、私は今年以降も登ろうかと思っている。何回登るという目標を立てた訳ではないが、毎年の体力を測るバロメータにしようかと考えている。  

2007年1月5日えるくみ例会 記録

 投稿者:宇賀 久富  投稿日:2007年 1月18日(木)17時52分2秒
編集済
  今年初めての「えるくみ例会」は1月12日に行われ、8:20頃までいろいろな話題に盛り上がりました。
2月14日(水) 裁判傍聴・池袋寄席
3月1日前後  筑波山ハイキング
4月5日(木)  入間カントリー ゴルフ などが予定になりました。
入間カントリーについて 4月5日(木) アウト 9:38 9:43 2組予約しました。
皆さんのご参加よろしくご検討下さい。
(市川さん 貴兄には入間は適当でなく申訳ありません)

後日記:日帰りでは遠方過ぎるため、参加希望者少なく成立しなかった。
 

初投稿

 投稿者:伊藤 洵  投稿日:2007年 1月18日(木)12時54分52秒
編集済
  掲示板の企画は私のように遠隔のものにとっては、いい企画と思います。ご発展を祈ります。
私は語呂合わせ大好き人間ですので、遅まきながら、語呂合わせでL組ご一同様に、年始の挨拶をさせていただきます。
これを私の初投稿とさせてください。まずは

ア行俳句で
 有り難や いうことなしの ええお年

  であるを心からお祈り申し上げます。

カ行短歌
 改革の教育元年 国あげて
 決行するは子供の為なり


政治 12年前 自社はなぜくっついたか?、磁石だから、
なぜ苦労したか?自社苦だから、
    今や   自社は時効で 自公なり。

世相 12年前 日本の安全、安心神話が大きく揺らぐ事件が
     麻はかや 陰謀ばれて 嘘つきの エセ宗教 オウ無残なり
     朝いちや   上を下への   大地震
    今は
          あわれなり いじめ頻発 運もニャー
       エりゃーこって おしみゃーだわ (ア行短歌)
    にならぬよう

 愛情と知性で なごやかにを目標に 大人は今こそ
 オアシス(おはよう、有り難う、失礼、すみません)の挨拶を
 愛と察しの心で、(隠れ語ろあわせありです)

そして

 あせらず、いばらず、うそいわず、えこひいきせず、おこらず
                       をまず実行しましょう。

近況  伊藤雅樹(長男) 新しく 家を買い 嬉しいな
                 海老名での お正月(あ行語呂合わせ)
 

企業OBペンクラブの紹介

 投稿者:大泉 潤  投稿日:2007年 1月18日(木)12時52分33秒
編集済
  掲示板拝見しました。皆さんのご活躍が良く分かります。
大学と如水会館にはラグビー場整備、植樹会の関係で頻繁に出かけています。
今後ままたえるくみ会に参加致したいと思っています。
よろしくお願いします。
なお小生が参加している企業OBペンクラブのホームページをご紹介します。
一度ご覧下されば幸甚です。
 

分類は出来るか

 投稿者:石井 暉雄  投稿日:2007年 1月14日(日)11時25分21秒
編集済
  昨年12月2日の日経土曜版の"パソコンデータの整理術”で「フォルダやファイルが散乱してどこに何があるかさっぱりわかりません」という悩みの質問に対し、「フォルダを作ってまとめておくと便利です」という解説が載っていました。昔、何階層ものフォルダ(当時はディレクトリーと言っていた)をつくり失敗した経験から、このやり方だと必ず行き詰まると思い、「私の整理術」を10回シリーズで例会出席者にメールしました。お正月の例会で「フォルダーを作って問題なくファイルを整理している」という意見もありましたが、ファイル数が増えてくると分類による整理は困難になってくると思います。「象の鼻は長い」という本を子供の本のコーナーに置いてあった本屋さんがあったそうですが、この本は日本語の文法について書かれた本なのでNDC(日本十進分類法)で815という分類(8言語:810日本語:815文法)になります。815に分類されているということを知らなければNDCを使ってこの本を探すことは無理でしょう。「パソコン情報システム活用術」という本はNDC336.57(3社会科学:330経済:336経営管理)に分類されています。「活きるパソコン・死ぬパソコン」はNDC548.2(5技術:540電子工学:548情報工学)に分類されています。007(0総記:007情報科学)という分類もあります。要するに「分類による整理」は困難だということです。分類しない(フォルダーを作らない)整理術をお勧めします。"A Perfect Mess:The Hidden Benefits of Disorder-How Crammed Closets,Cluttered Offfices,and On-the-Fly Planning Make the World a Better Place"という本はぜひ読んでみたい本です。
"tidiness lobby counts the benefits of neatness, but not ists costs"、整理整頓派は整理に要するコストを考慮していなという主張のようです。書評(英文)を知りたい方には添付メールで送付します。

えるくみホーメページへ
 

掲示板を活用願います

 投稿者:石井 暉雄  投稿日:2007年 1月11日(木)19時58分54秒
編集済
  例会出席者はもちろん、普段出席できない方も何でも書いて下さい。内容記入後「投稿」ボタンを押すだけです。なお掲示板は入室のためのログインパスワードを設定してありますので、外部の方が見ることはありませんが、メールアドレスは記入しないほうが無難です。またURLの記入も不要です。

えるくみホーメページへ
 

レンタル掲示板
/1