teacup. [ 掲示板 ] [ 掲示板作成 ] [ 有料掲示板 ] [ ブログ ]


新着順:9/75 記事一覧表示 | 《前のページ | 次のページ》

120年の歴史をもつドイツ男声合唱団との親善ジョイントコンサートについて(ご案内

 投稿者:ョイントコンサート国際委員会  投稿日:2014年 9月16日(火)19時09分21秒
  通報 返信・引用
  さわやかな季節となりました。皆様にはますますご活躍のこととお喜び申し上げます。
さて、ドイツはフランクフルトに近いバート・カンベルクの男声合唱団が来年夏以降に日本の合唱団を

バート・カンベルクに迎え、親善ジョイントコンサートを実施することを希望しておりますが、

このジョイントコンサート交流を皆様にお引き受けいただけないでしょうか。



このお話は先月サンクト・ペテルブルクの国際合唱祭に日本の合唱団とともに参加した際、同じくドイツから

参加していた男声合唱団アイントラハト・エルバッハの代表より私どもに持ち込まれました。

話によれば、世界各国の合唱団と親善ジョイントコンサートを実施することを合唱団のモットーとしており、

まだ交流したことのない日本の合唱団とぜひ交流の機会を持ちたいとのことです。



人口1万5千ほどのバート・カンベルクは木骨づくりの家々のある素晴らしい環境の町です。ここで120年

にわたり活躍し、町の誇りともいえる同合唱団との親善ジョイントコンサートはさぞかし有意義な交流になる

ことと思います。ついては皆様に一度こことの交流をご検討いただけましたら幸いに存じます。

日本側の希望のタイミングを先方に伝え、先方の都合が合えば実現となります。



なお、こことの親善ジョイントコンサートに加え、ドイツで開催される国際合唱祭にご参加の希望がございま

したら、フランクフルトから北東340kmにあるヴェルニゲローデで来年7月15日~19日に開催される

「ヨハネス・ブラームス国際合唱祭&コンペティション」がございます。

同合唱祭&コンペティションの概要は下記の通りです。併せてご検討ください。ヴェルニゲローデからは

ヘンデルやバッハその他多くの有名音楽家ゆかりのハレ、ライプチヒ、ドレスデンは比較的近いですので、

この機会に訪れてみるのはいかがでしょうか。



ご希望をお知らせいただければ、ご参考までに演奏ツアーの日程案をおつくりし提案させていただきます。

どうぞご遠慮なくお気軽にご依頼ください。

突然のご案内にて失礼いたします。







ジョイントコンサート国際委員会

音楽交流コーディネーター 垣沼佳則

http://www.jointconcert.com

jointcon@vesta.ocn.ne.jp







男声合唱団Eintracht Erbach/Taunus (Bad Camberg, Germany)









ドイツのフランクフルトから46キロほど北西に位置する町バート・カンベルク(地図上X 人口15000)の男声合唱団

アイントラハト・エルバッハは1893年創立と、120年の歴史を誇る。現在団員はあらゆる年齢、職業の45名。

主な活動は毎年全ドイツの合唱コンペティションに参加することとヨーロッパのほぼ全ての国の合唱団、また海外の

合唱団とジョイントコンサートをすること。

これまでにアメリカ、ブラジル、イスラエル、アルメニア、インドネシア、中国、フィリピンの合唱団とジョイントコンサートを

実施しているが、日本の合唱団とのジョイントはまだしたことがなく日本の合唱団との交流を希望している。

1993年東ヨーロッパ諸国の合唱団との音楽交流の実績が認められ、バート・カンベルク市から表彰される。

2013年には特別な合唱・音楽祭を開催し創立120周年を祝う。

2014年ロシア・サンクトペテルブルクで開催の国際合唱祭”Singing World”に参加。









ヨハネス・ブラームス国際合唱祭&コンペティション

2015年7月15日(水)~19日(日) Wernigerode, Germany

ドイツ・ハルツ地方で古い家並みがよく残された最も美しい町ヴェルニゲローデ(地図上★)で

2年毎に開催

主催: ヴェルニゲローデ市 および INTERKULTUR Foundation



参加については次の2通り。

1.  コンペティション参加

①    1つあるいはいくつかのカテゴリーでコンペティションに参加できる。

  これに加え、次のことへの参加が可能。

②    演奏を評価してもらうEvaluation Performance

③    個別指導を受けるIndividual Coaching

④    ヴェルニゲローデおよそその周辺地域でのフレンドシップコンサートで演奏

2.  合唱祭参加(コンペティションなし)

①    ヴェルニゲローデおよびその周辺地域でのフレンドシップコンサートで演奏

②    演奏を評価してもらうEvaluation Performance

③ 個別指導を受けるIndividual Coaching

◆Evaluation Performanceとは・・・・・

       コンペティション参加合唱団の場合

       コンペティションの前日に国際審査団の前で合唱団のコンペティション・プログラムを演奏する機会

       があり、合唱団はインタープリテーション、サウンドやカリスマを向上させる方法について温かい

       アドバイスを受けることができる。

審査員は全員優れた合唱指揮者で貴重な芸術教育の経験をもっている。それぞれの審査員からの

さまざまな意見は参加合唱団には豊富なインスピレーションの源になることと確信している。

ここでの評価はコンペティション本体での評価には一切関係することはない。

45分間

       合唱祭参加合唱団の場合

       これらのコンサートはコンペティションのストレスやプレッシャーなしに国際的な経験を得る機会を

合唱団に提供するのが目的である。合唱団の現時点での音楽的スタンダードについて意見が交換され、

国際審査団により専門的なアドバイスが与えれられる。合唱団はこれらのコンサートで最大15分の

プログラムを演奏する機会を得る。参加証がもらえ、リクエストすれば、「よい」、「たいへんよい」、

「すばらし」の評価を受けることができる。 45分間

◆Individual Coachingとは・・・・・・

       コンペティション参加合唱団、合唱祭参加合唱団

        合唱団には審査員の1人と一緒にリハーサルを行う機会がある。 自由に選んだ1曲を演奏

(コンペティション参加合唱団についてはコンペティション・プログラムの中から1曲)

この指導の目的は、貴重な音楽的アイディアや演奏についてのガイダンスを受けられるリハーサルを

提供することである。

効果的にリハーサルが進められるよう合唱団はリハーサル曲を十分練習しておくことが肝心。

◆フレンドシップ・コンサートとは・・・・・・・・

       コンペティション参加合唱団、合唱祭参加合唱団

       合唱団はまたヴェロニゲローデおよびハルツ地域の魅力的な町々の教会およびマルクト広場で

       大小規模のコンサートをする機会をもつ。木骨作りの家並みでまるで絵のような中世都市の

ヴェロニゲローデおよびハルツ地方の魅力あるロケーションは、心の広い合唱に興味をもつ

聴衆とともに理想的な環境である。合唱団はこれらのコンサート用に20分ほどのプログラムを

用意のこと。

注)多くのエンカウンター・コンサートは野外行事として計画されているため、天候によっては

コンサートのいくつかは中止されることもある。その場合主催者はできるだけ代わりのコンサート

実現を考慮しますが、法的に責任を負うことはない。



<コンペティション・カテゴリー>

カテゴリーA 難度I 課題曲あり  A1-混声合唱団(31名以上) A2―男声合唱団(26名以上)

A3-女声合唱団(26名以上)

*純演奏時間 12~20分

*1曲は伴奏をつけることも可能

1.課題曲1曲

2.     1873年より後に生まれた作曲家の作品1曲

3.     生存する作曲家の作品1曲

4.     合唱団の自由選択による1曲



カテゴリーB 難度II 課題曲なし A1-混声合唱団 A2-男声合唱団 A3-女声合唱団

*人数制限なし

*純演奏時間 8~15分

*1曲は伴奏をつけることも可能

1.&2.違った時代の違ったキャラクターの合唱曲2曲

3.フォークソングをもとに編曲した合唱曲1曲



カテゴリーC チェンバー・クワイアー/ヴォーカル・アンサンブル

       C1-同声のチェンバークワイア・ヴォーカルアンサンブル(4~25名)

 C2-混声のチェンバークワイア・ヴォーカルアンサンブル(4~30名)



*純演奏時間 12~20分

1.    課題曲1曲

2.    1685年より前に生まれた作曲家による作品1曲

3.    生存する作曲家の作品1曲

4.&5.合唱団の自由選択による2曲



カテゴリーG 児童合唱団&ユースクワイア

G1―児童合唱団(16歳まで)

G2―同声ユースクワイア(女子ユースクワイア19歳まで、男子ユースクワイア25歳まで)

G3―混声ユースクワイア(25歳まで)

*人数制限なし

*  純演奏時間 8~15分

*  2曲まで伴奏をつけることも可能

1.    1873年より前に生まれた作曲家による作品1曲

2.    生存する作曲家の作品1曲

3.&4. 合唱団の自由選択による2曲



カテゴリーS 宗教合唱曲

*人数制限なし

*純演奏時間 8~15分

*1曲は伴奏をつけることも可能

1.&2. 違った時代の宗教合唱曲2曲

3. 生存する作曲家による宗教曲1曲



カテゴリーF フォークロア(民俗音楽)

アンサンブルはその母国の典型的なフォークロア・プログラムを演奏。人々のシーンや伝統習慣、

あるいは日常生活にもとづく振り付けを含めてよい。シンガーは伝統衣装を着用。

*  純演奏時間 8~15分

*  全曲伴奏をつけることが可能



カテゴリーP ポップ・ショー・ジャズ

*人数制限なし

*純演奏時間 8~15分

*3曲演奏 全曲伴奏可能



<各カテゴリー・優勝者によるコンペティション>

各カテゴリーの優勝者および審査団により推薦された優れた合唱団はJohannes Brahms Choir Prize の

コンペティション参加へと進む。

そのプログラムは、自由に選んだアカペラ曲2曲で、カテゴリー・プログラムですでに演奏した曲で

なくてもよい。その2曲は芸術委員会により確認を受けなくてはならない。

演奏時間: 最大純演奏時間 8分。



<賞>

審査員の評価に基づき次の賞状や賞金が与えられる。

1.賞状: 点数により金・銀・銅のディプロマが与えられる。該当しない合唱団には参加証が渡される。

2. カテゴリー勝者:各カテゴリーで最高点を獲得した金賞合唱団は“カテゴリー・ウィナー”として表彰

3.Johannes Brahms Choir Prize:各カテゴリーの勝者達によるコンペティションの優勝者には

Johannes Brahms Choir Prizeとして賞金が与えられる。

4.特別賞:優れた演奏およびユニークな公演にたいして審査員が特別賞をだすことがある。

5.指揮者賞: 優れた指揮者にたいして審査員が指揮者賞をだすことがある。

6.聴衆賞(オーディエンス・プライズ):全イベントを通し、観客に最も人気のあった合唱団に与えられる。
 
 
》記事一覧表示

新着順:9/75 《前のページ | 次のページ》
/75