teacup. [ 掲示板 ] [ 掲示板作成 ] [ 有料掲示板 ] [ ブログ ]


スレッド一覧

他のスレッドを探す  スレッド作成

新着順:82/93 記事一覧表示 | 《前のページ | 次のページ》

懐かしの29ー30

 投稿者:渡辺  投稿日:2007年 3月 8日(木)20時22分53秒
  通報
  お疲れ様です小林さん、はじめまして南野さん
おふたりの2220形の話しを読んでいて懐かしくなりました。
私はこの車両を29ー30(にーきゅうーさんまる)と呼んでましたので、すいませんが今後は29ー30と書かせていただきます。
小林さんが言うとおり29ー30はMG故障により運転ができなくなりました、それについて少しお話しをします。
あれは平成10年11月4日の朝でした、木場駅折返しの303列車が平島駅でMG故障のため運転ができなくなりました。
しかし救援をもらわずに東関屋駅へ自力(おそらくバッテリーを利用)で走行したそうです。
すぐに工場のピット(向かって真中)に入場しましたが、故障したMGが予備品を使っていたため他に予備品がなくすぐに交換できなかったのです。
もう廃止が決まってましたので高額な修理代を払ってまでこの車両を助けることができなかったのでしょう。
次の日には検車線(南野さんの写真の位置です)へ移動され、残念ながら29ー30の人生が終わりました。
製造から約40年、新潟交通で約13年間使用したと思います、できれば修理し廃止の最後の日まで走ってもらいたかったですし、29ー30もまだまだ走りたかったと思います。
もうこの頃は廃止を惜しむファンが多く訪れてましたので、駅窓口にはどうして29ー30が走ってなのか尋ねるファンの姿を思い出します。
ちなみにその日からの運用には、モハ12+モハ24の組成で運転されてました。
写真は私が偶然撮った木場駅を発車して行く303列車です。
この日が、この写真が最後になるとは……
 
 
》記事一覧表示

新着順:82/93 《前のページ | 次のページ》
/93