teacup. [ 掲示板 ] [ 掲示板作成 ] [ 有料掲示板 ] [ ブログ ]


新着順:51/328 記事一覧表示 | 《前のページ | 次のページ》

4の訂正  雪が降る僕らの魔女が旅に出る ③米田・ちゃっく・小田中

 投稿者:小倉喜郎メール  投稿日:2009年 1月30日(金)22時06分26秒
  通報 返信・引用
  4  雪が降る僕らの魔女が旅に出る          ③米田・ちゃっく・小田中


雪が(s)降る(v)と魔女が(s)旅に出る(v)と並列に置かれたこのシンプルな2文が心地よかった。雪と魔女を入れ替えて読んでもおもしろい。雪と魔女はファンタジーの世界を思わせる。現実感のない句を選んでしまう(米田)

「僕らの魔女」のフレーズがとても気になります。魔女というのは「僕ら」にとっての憧れの人なのか、それともいつも冬になると旅に出る身近な家族のことなのか。いずれにしても雪が降るというとても幻想的な状況は、当たり前の日常にもほんの少しの魔法をかけてくれそうで、この句にとても惹かれました。(ちゃっく)

小説の書き出しの文章のようだなと感じた。短い文だが、その後どういう風に登場人物が動いていくのか気になる感じだ。「僕らの魔女とは何か」(私はこの言葉からフェリーニの8・1/2を思い出した)、「雪と旅には季節的な関係があるのだろうか」、「僕らはどんな人たちか」、「僕らの魔女がいなくなった後の村はどのような感じになるのか」などなど。つまり、この文は「種」のようなもので、その中に大きな世界が詰まっている。しかし俳句という形式で表現されることを考え合わせると、俳句的な感銘を受けない句であるようにも感じた。(小田中)
 
 
》記事一覧表示

新着順:51/328 《前のページ | 次のページ》
/328