teacup. [ 掲示板 ] [ 掲示板作成 ] [ 有料掲示板 ] [ ブログ ]


新着順:37/328 記事一覧表示 | 《前のページ | 次のページ》

Re: 16 彼の世から我の額へ夜の雪       ③1長野・ちゃっく・しお(山本)

 投稿者:小倉喜郎メール  投稿日:2009年 2月 8日(日)13時01分6秒
  通報 返信・引用
  > No.286[元記事へ]

小倉喜郎さんへのお返事です。

> 16 彼の世から我の額へ夜の雪       ③1長野・ちゃっく・しお(山本)
>

俳句では答えを言ってしまってはそこから読者が進めない。この句はまさにそうではないでしょうか。夜の雪はまさに彼の世から来ているという神秘さはあるわけで、それを敢えて言う必要があるか。夜の雪が私の額へ、で十分彼の世からが出てくるのではないだろうか。俳句は最後のひとことは言わないで読者に言わせる(感じさせる)。
 
 
》記事一覧表示

新着順:37/328 《前のページ | 次のページ》
/328