teacup. [ 掲示板 ] [ 掲示板作成 ] [ 有料掲示板 ] [ ブログ ]


新着順:9/328 記事一覧表示 | 《前のページ | 次のページ》

Re: 震災句・原発句に関して

 投稿者:ODANAKA  投稿日:2011年 8月18日(木)10時11分42秒
  通報 返信・引用
  > No.323[元記事へ]

> 僕は今回ibaraさんの句が全くわからなかった。小倉さんの解説を読んでようやく雰囲気が掴めたが、まだもう一つピンと来ていないのが正直なところ。同様に小倉さんの「募金箱一万個タラの芽の一万本」とか「山積みのランドセルよりアスパラガス」とかもわかっていない。

と書きましたが、「募金箱一万個タラの芽の一万本」とか「山積みのランドセルよりアスパラガス」の句には言葉を扱う上での突抜感があって、(読んで意味が理解できないのではなく、)ポンと投げ出されたイメージを僕自身がどのように受け止めれば良いのか戸惑っている、という感じです。
ibaraさんの句はその点で非常にマニエリスティックなもののように感じ、その言葉を扱う上でのマニエラが見えてきて言いたいことがあまり伝わって来ないように感じました。

狂狂(くるくる)パーまいどまいどのきのこ雲
福一やああ福一や福一や
ブタ喰らうブタがトン舎の蛆の海

僕は長野さんの句が好き(鹿の目 月光と蝉など)なのですが、今回の上の3つはなんかやけくそみたいであまり良くないと思いました。展望の見えない状況を反映しているのかも知れませんが・・・・。ところで「福一」って何?
 
 
》記事一覧表示

新着順:9/328 《前のページ | 次のページ》
/328