teacup. [ 掲示板 ] [ 掲示板作成 ] [ 有料掲示板 ] [ ブログ ]


新着順:4/328 記事一覧表示 | 《前のページ | 次のページ》

Re: 郡山のSさんに寄せて

 投稿者:ODANAKA  投稿日:2011年 9月 2日(金)14時24分34秒
  通報 返信・引用
  > No.327[元記事へ]

> 宅急便は今どのあたり青海苔も送る

俳句は、短い言葉の組み合わせなのに作者の心情や心根のようなものまで伝えてしまうから不思議だ。俳句としての巧拙については僕にはわからないが、今回の彩さんの句にはどれも背後に(被災地の知人を思いやる)暖かい視線を感じる。
上の句では、「宅急便は今どのあたり」の部分に、交通事情が悪いためなかなか届きそうにない荷物の現在地を思い測る気持ちと、荷物がなかなか届かないような遠くにいる被災地の知人の、見えにくい現状を思いやる気持ちとがオーバーラップしているような感じがします。Sさんは関西人なのでしょうか?

> 転校はしないドラムを叩く日曜日

被災地にとどまってがんばっていくと決めた、その少年の決意がドラムのビートとして現れ出ている。そして同時に、そのドラムの音は、その少年に対する作者のエールのようでもある。
 
 
》記事一覧表示

新着順:4/328 《前のページ | 次のページ》
/328